電子署名・JCAN 証明書 サポートサイト

ナレッジベース

お客様サポートのための、JCAN証明書、電子署名、その他に関するナレッジベースを構築中です。FAQ の内容は、順次ナレッジベースに移動し、内容も拡充させてまいります。ご質問の前にこちらのナレッジベースもご覧ください

Acrobat を使って電子署名する

Adobe Acrobat を使うと、Acrobat Reader、Standard の別なく、JCAN証明書を使って PDF に電子署名することができます。当社のオンラインサービス 1-2-3 Signature を利用しても電子署名はできますが、書類上に見える形での署名や陰影を入れたい場合 (可視署名といいます) や、可視署名の書類上の位置・大きさなどを細かく設定したい場合は、Acrobat をご利用ください。

ここでは、Acrobat を使って電子署名、署名の検証 (PDF に付されている署名が正しいかどうかを確認する) する方法を説明します。

【重要】 電子署名された文書を第三者に渡し、 受け取った方が電子署名を検証するためには、 「電子署名を検証」で説明する手順を受け取った側でもしていただく必要があります。 すなわち、Acrobat の環境設定を変更するか、JCANルート証明書をインストールするかいずれかの手順が必要です。 なお、上記手順がないと検証はできませんが、電子署名そのものは有効であり、文書として問題はありません。

 

なお、当社では基本的に Acrobat や Windows の使い方等のサポートは致しかねますので、インターネット上のマニュアルや情報をご覧いただくか、Adobe または Microsoft  にお問合せください。これらサポートをご希望の場合、コンサルテーションメニューを用意しております。

JCAN証明書を Windows に取り込む

Acrobatで電子署名する

Acrobat で電子署名を検証する

 

S/MIME で電子メールに署名する・暗号化する

JCAN証明書を使い、送信メールにデジタル署名を付け、身元がはっきりしていることの証明 (フィッシング対策)、改ざんされていないことの証明ができます。

また、メールそのものを暗号化して送信することもできます。ただし、暗号化メールを送る場合は、受信側にも電子証明書が必要です。

以下に、Thunderbird、Outlook に JCAN証明書を導入し、S/MIME 電子メールを用いる方法を説明しています。

Thunderbird で S/MIME

Outlook で S/MIME

その他

Apache でクライアント認証を実現する

1-2-3 Signature 操作説明書