1. HOME
  2. ブログ
  3. 応用事例
  4. 不動産鑑定士向け電子証明書を低価格で発行

応用事例

不動産鑑定士向け電子証明書を低価格で発行

当社では、不動産鑑定士向けの電子証明書をユーザあたり 3,850円という低価格でオンライン発行しており、国内・外資を問わず多くの不動産鑑定業界への販売実績があります (こちらの記事でも、不動産鑑定士向け電子証明書取扱事業者として紹介されております)。当社発行の JCAN証明書の特徴は、発行に際しての厳格な本人確認に加え、鑑定士資格を確認できる情報を含んでいることで、実際に不動産鑑定評価書の電子化に利用されております。また、高価なツールやサービスの導入の必要もなく、無償で利用できる Acrobat Reader のみで電子化が可能ですので、中小規模の鑑定士事務所のお客様でもお気軽に電子化が可能です。

署名済み鑑定書サンプル Acrobat で署名に問題があると表示される場合はこちらをご覧ください

不動産鑑定評価書の電子化

国土交通省所轄の業界の中で、建築にならんで不動産業界でも電子化の要望が高まってきています。特に、不動産鑑定士の発行する不動産鑑定評価書の電子化が先行して普及しつつあります。

「不動産の鑑定評価に関する法律」の第 39条では「不動産鑑定業者は、不動産の鑑定評価の依頼者に、鑑定評価額その他国土交通省令で定める事項を記載した鑑定評価書を交付しなければならない。」と規定されています。従来この鑑定評価書は紙書類に不動産鑑定士が署名押印することで発行されてきましたが、国土交通省土地・建設産業局地価調査課の見解でも電子署名の付与による電子化が可能であるとされています。

当社では不動産鑑定士および鑑定士事務所の業務効率化を推進するため、上記電子署名に利用できる一般財団法人日本情報経済社会推進協会の発行する JCAN証明書を低価格にてオンライン販売いたします。

以下のボタンで実際に電子署名された鑑定評価書のサンプルをご覧いただけます。ダウンロードして Acrobat Reader 等でご覧ください。なお、署名に用いた電子証明書は実際の不動産鑑定士のものではありません。また、Acrobat で JCAN証明書による署名を検証するには、Acrobat の環境設定をしていただく必要があります (手順はこちらをご覧ください)。

署名済み鑑定書サンプル

PDF の署名欄をクリックすると、下のように署名の内容を確認することができます。

電子証明書発行の要件

前記見解の目的意義を満たすため、当社で JCAN証明書を発行するにあたり、日本不動産鑑定士協会連合会の会員証など、不動産鑑定士の資格を証明する書類を提出 (スキャンまたはスマフォ撮影の後、アップロード) していただきます。証明書内に、鑑定士登録番号、所属都道府県、協会登録番号などを記載します。

電子署名ツールについて

作成した電子書類に電子署名をする場合は、Adobe Acrobat Reader DC (無償利用可) で電子署名が可能です。

ご不明な点は、こちらからお問合せください

お申込み方法

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう