ご利用規約

2021年3月3日 改訂

以下についてご理解・ご同意いただけた方にのみ、当社は JCAN証明書を発行し、またお客様は 1-2-3 Signature が利用いただけます。また、ユーザ登録画面で登録を済まされた方は、本文書の内容をご理解・ご同意いただけたものとさせていただきます。

JCAN証明書について

  1. 本人確認
    当社は一般財団法人日本情報経済社会推進協会 (JIPDEC) の認証局 LRA として、申請者の本人確認を厳格に行い、JCAN証明書を発行いたします。申請に虚偽等が認められる場合は発行できません。本人であることを証明する書類は、認証局の規約により 7年間当社で保管させていただきます。
  2. JCAN証明書の代金
    JCAN証明書の代金は発行手数料であり、ご利用方法のサポートは原則として対応いたしかねます。JCAN証明書は標準の PKI 規格に則った電子証明書です。お使いになるアプリケーション (Adobe Acrobat や各社のメールクライアント) への設定方法や使い方は、アプリケーションのマニュアルやベンダーのサポート情報をご覧ください。当社でも基本的な導入方法を Web で公開しております。
  3. お申込のキャンセル・返品
    商品の性格上、発行後のキャンセルは致しかねます。詳細につきましては、特定商取引法に関する表示のページに掲載しております。
  4. 初期導入サポート
    アプリケーションの設定・利用方法など、初期導入サポートや年間を通じてのサポートがご入用の場合は、別途有償で承ります。

1-2-3 Signature のオンライン電子署名機能について

  1. 無償の付帯サービス
    本サービスは、当社から JCAN証明書をお求めいただいた方への、無償の付帯サービスです。確実な動作や永続的なサービス提供を保証するものではありません。
  2. クラウドドライブとの連携
    本サービスは、ユーザの許可 (認証) の上で各クラウドストレージと連携し、ユーザのファイルにアクセスします。ユーザは、いつでもこの連携を解除することができ、本サービスがクラウドストレージにアクセスすることを停止することができます。
  3. ユーザファイルの保管
    本サービスでユーザファイルを保管することはありません。ただし、電子署名を付加するにあたり、一時的に PDF ファイルデータを本サービスのサーバに転送します。電子署名後は直ちにデータは破棄されます。
  4. 電子署名とファイルの変更
    本サービスは、クラウドドライブ上のユーザファイルに電子署名を付加するため、ユーザファイルに変更を加えます。この際、変更前のオリジナルファイルのバックアップは取りません。バックアップはユーザの責任において保存してください。
  5. 電子署名の失敗
    PDF の種類、バージョン等により、電子署名ができないことがあります。
  6. サービスの維持
    当社は、本サービスが停止せず、また、機能が正常に動作することに最善の努力をいたします。しかしながら、これらを保証するものではありません。
    また、セキュリティの確保・向上、機能の改善などのため、予告なくサービスを停止することがあります。

また、当社における個人情報の取り扱いについては、こちらをご覧ください

インフラウェア株式会社