Acrobat で電子署名を検証する

JCAN証明書を使って電子署名された PDF を Acrobat で検証 (電子署名が正しいかどうか判断) するには、この文書で説明される設定が必要です。PDF を第三者に渡した場合、渡された側が検証するには、渡された側でもせていが必要なことに注意してください。

設定されていない PC (Acrobat) で電子署名つき PDF を開くと、図のように「署名に問題があります」と表示され、電子署名の確認ができません (検証に失敗します)。検証ができるようにするには、2つの方法があり、いずれかの設定が必要です。

  1. Acrobat の環境設定を変更する。
  2. JIPDEC・グローバルサイン社の発行するルート証明書を Acrobat にインストールする。

以下、それぞれの方法について手順を説明します。PDF を渡す第三者にとっては、Acrobat の環境設定の方が手間が少ないかもしれません。

【方法1】Acrobat の環境設定を変更する

この説明書「Acrobat の環境設定.pdf」のとおりに Acrobat の環境設定を変更してください。

【方法2】Acrobat に JCANルート証明書をインストールする

ルート証明書の取得

次のリンクから「Root Certificate (InfraWare).zip」ファイルをダウンロードします。Zipファイルをダブルクリックして中を開き「JCAN Public CA1 – G4」ファイルを取り出します。

【重要】JCAN Public CA1 – G4 ファイルは、2020年 7月 7日に更新されています。必ず、最新のものをご利用ください。

ルート証明書Acrobat へのインストール

次に、この JCAN Public CA1 – G4 ファイルをダブルクリックします。Acrobat Reader が起動し、以下のようなダイアログが表示されます。

[連絡先の信頼を設定] ボタンをクリックします。さらに次のようなダイアログが表示されます。

[この証明書を信頼済みのルートとして使用] をチェックし、[OK] でダイアログを閉じます。

取り込みが完了しました、と表示されます。これでルート証明書のインストールは完了し、JCAN証明書により電子署名の検証ができるようになりました。すべてのダイアログと Acrobat Reader を閉じてください。

検証の確認

方法1、あるいは方法2 による設定をした後、JCAN証明書で電子署名した PDF を Acrobat で開いてみてください。下図のように、「すべての署名が有効です」となる筈です。

まだ検証に失敗する場合は、下図のように「すべてを検証」を実行してみてください。

なお、本書の設定は一度すませれば良く、検証の度に実行する必要はありません。以降は Acrobat で PDF を開くだけで検証が実行され、正しい署名済み文書として認識されます。